LINK
様々あるキャッシングの手続きの観点から検証してみると、その基準も多種多様であるということがわかります。一言でお金の借入れと呼んでも、銀行系のものであったり大手の企業であったり、そして個人のものなど様々です。それらを比較した時、当たり前に、手続きが簡単な会社、その逆の通りづらい会社に分かれてしまいます。まず初めに、同時期に融資を受ける会社は、三社というのが目安です。借り入れ会社が三社以内で、お金の借入れ金額が収入の三分の一以下であれば、銀行系でも手続きに通る割合いは高いといえます。金融機関はおおかた金利が少なめに設定されていますので、利用することであれば銀行系がベストです。キャッシング件数が仮にお金の借入れ件数が四件を超えている際は、銀行系は難しくなるでしょう。ですが、2006年以降の出資法や貸金業規制法などの法の改正により、利息が下がり、金融機関では審査が難しくなってきている傾向にあるようです。銀行でも、さらに手続きに関しては慎重になってきているということです。また審査項目の幾分あまい会社と人気の企業でも、闇雲に審査を依頼すればよいというわけでもありません。もしも、前もってその企業において情報を集めずに申込みをし、審査項目をクリアしなかった場合は、その個人情報は個人信用情報機関に保存されます。信用情報機関に保管される期間は三ヶ月から六ヶ月です。その時間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといって即座に借りられないことでもありませんが、その情報を見る企業の審査には、自然に、多かれ少なかれ影響があるはずです。比較的幾分甘いといわれている審査項目をする会社でも、そのことにより融資を受けられなくなるということも起こるかもしれません。